あなたの宝のあるところに、心もある。

DSCN4187 3月16日、晴れ渡る日曜日に私たちの兄弟長崎壮さんが助祭に叙階されました。幸田和生司教さまの司式のもと、高円寺教会にて素晴らしい叙階式が行なわれました。親愛なる兄弟が叙階されたことに感激しましたし、式自体もとても感動的でした。それと同時に、私にとって心に残ったことがもうひとつありました。それは高円寺教会の皆さまの温かさです。

 叙階式ミサもその後のパーティーも、高円寺教会の皆さまは本当に心をこめて準備してくださいました。そして信者さん一人ひとりが、心から長崎さんの叙階を喜んでくださいました。叙階式の前に聖堂で祈っていたとき、皆さんがどれほどウキウキしているか、また長崎さんと心を合わせて緊張しているのかがひしひしと伝わってきました。この日の高円寺教会は、心をひとつにして長崎さんを支えてくださっていました。

Continue reading
504 Hits

服务之愿

Bishop Koda Congratulates Nagasaki So非常荣幸的参加了我们的弟兄长崎的执事祝圣。又一位年轻的骨干,弟兄加入我们传教的队伍中。 感觉到亚洲东亚的传教区变的年轻了。

316日星期天也是四旬期第二主日,这一天,在日本东京的高円寺教堂由幸田主教主礼祝圣。此刻齐聚各地区的信徒,还有来自不同修会教区的神父和修女齐聚在天主的圣殿里来举行这次隆重的执事庆典。看到每一位信友脸上喜悦的光彩,也为我们的弟兄长崎再一次献上感恩。

Continue reading
458 Hits

Born to serve.

DSCN4214Today it was a wonderfully beautiful Japanese spring day with many plum trees (Ume) already showing the imminent coming of spring, just less than a week away of its official astronomical start. It was even more beautiful because in a both familiar and solemn celebration, we gathered to celebrate the ordination of brother Nagasaki So for the deaconate.

The event took place in Koenji parish Church, a parish near to our house in Tokyo and where Nagasaki has been assisting in his pastoral ministry for a few years. His family, many people from Nagasaki's former parish, Maebashi,as well as friends, including some from the Franciscan theologate where he is studying,were also present; as I recalled in the final address, his father, who died a few years ago, was present too, although with a different kind of presence. The ordination ceremony was presided by bishop Kazuo Koda, Tokyo's auxiliary bishop, and although it was Sunday, a day full of ministry work, fathers Joong and Felix were able to come from our communities in Osaka. The community of Tokyo and many close friends of Nagasaki and the Claretians accompanied us this day.

Continue reading
474 Hits

長崎さんの終生誓願の喜び / La alegría de la profesión perpetua de Nagasaki-san.

IMG 0869(Sigue texto en Español) 長崎さんの終生誓願ミサでは福音朗読としてヨハネ10章11-18節、つまり「善い羊飼い」の箇所が読まれました。親愛なる兄弟長崎さんは、この聖書箇所の「わたしにはこの囲いに入っていない他の羊もいる。わたしはその羊たちも導かなければならない」という言葉がとても好きであると分かち合ってくださったことがありました。だからこそ、この聖書の言葉宣教者としてクラレチアン会士としてとても大切なこの言葉を福音朗読で聞いたときに、とても感動しました。そして同時に、この箇所でイエスさまがもうひとつ大切なことを仰っていることにも気がつきました。それが「わたしは善い羊飼いである。善い羊飼いは羊のために命を捧げる」という言葉です。

Continue reading
408 Hits

感謝のことば

Nagasaki 去る10月14日、今市教会で行われたクラレチアン会神学生長崎壮さんの終生誓願式に多くの方が御列席くださり、またお祈りで支えてくださったことを心から感謝いたします。長崎さんは群馬県前橋教会の出身ですので、大阪の教会にはほとんど知人がいないにもかかわらず用紙した150部のパンフレットが足りなくなるくらいの方々が、今市教会はもとより、クラレチアン会が司牧を担当する門真・大東・枚方の各教会、また遠くは長崎さんが司牧実習をしている東京の高円寺教会からも信者さんがかけつけてくださいました。また、姉妹会であるクラレチアン宣教修道女会をはじめ、愛徳カルメル会、ショファイユの幼きイエズス修道女会、守護の天使の姉妹修道会からもシスター方が御列席くださいました。その他に長崎さんといっしょに一昨年スペインのマドリードで行われたワールドユースデーの巡礼に加わった青年たちや毎年クラレチアン会員が黙想でお世話になっている茨木市の「愛と光の家」の共同体の皆様も来てくださいました。長崎さんはお父さんがすでに帰天され、お母さんは足の具合が悪く当日は式にいらっしゃることができませんでしたが、多くのイエスによる兄弟姉妹に囲まれて、神様からの祝福を実感することができたと思います。管区長のフランシスコ・カリン神父、会員一同とともに、もう一度心から感謝の意を表すとともに、皆様のためにこれからも祈り続けていきたいと思います。ほんとうにありがとうございました。

                    管区長代理 竹延真治

Continue reading
393 Hits