路上的悄声

5去年在菲律宾初学院生活了短短两周,不知道为何我对每周日徒步到十五公里外的村庄服务乐此不彼,虽然一天徒步三十公里已经体力透支,但心神的愉悦却使我精神抖擞!我将这份奇特的心理和感觉归功于天主对我的召叫!
在不久前接到了修院导师Jose Ramon的通知,我可以去走雅各之路,那是圣雅各伯宗徒传道,解惑和埋葬之地,虽然以前去过,但面对这独有的西班牙文化,渴望之火在心中燃烧。对我而言这不仅仅是朝圣之路,更是我圣召之路的沙盘,我要在这里标注我的修道坐标!

3我们选的这条路不是很长,每天21km 左右共十二天。期间我们有1-2小时的默想和分享时间,在这段时间我对我的圣召理解颇多,远远多于由于徒步身体上,精神上所带给我的挑战!

Continue reading
193 Hits

おめでとうございます!

「私たち一人ひとりのうちに、マリアさまの心が神さまを喜びたたえますように!」

Misa聖アンブロジウスは「聖母の賛歌」(マニフィカト)の注解でこのように祈りました。
昨日の土曜日(もしくは今度の月曜に)世界中のクラレチアン宣教会の兄弟たちが聖母マリアの息子であることの喜びを祝う中、私たちもローマの「聖母の汚れなき御心大聖堂」でミサを捧げました。大聖堂の中には数え切れないほどの彩り豊かな絵画や聖像がいたるところに飾られていますが、一番彩り豊かだったのは私たちクラレチアンの宣教者たちでした。あまりにも多くの国や大陸から集まっているので、今度の国連総会はうちの修道院の食堂でやったほうがいいんじゃないかと思うほどです。
Claretianosでも、どうしてパリオリ地区の片隅にこんなにも多くの国や文化が集まっているのでしょうか。もちろんここにいる人たちは、それぞれの目的のためにやって来ました。ある人は私と同じように勉学のため、またある人は小教区で働くために来ました。そしてある人は総統治チームの大変なお仕事のために何年もここに住んでいらっしゃいます。しかし表面的な理由はどうであれ、私たちが集まっているのはひとえに「マリアさまの心によって呼び集められたから」だと思います。私たちが共同体としてひとつになっているのは「ローマに住んでいるから」ではなく、「マリアさまの心のうちに住んでいるから」なんだと思います。「どんなところに住んでいたとしても、私たちはいつも変わらずマリアさまの御心の息子たちなんだ!」こう想うと、心が喜びでいっぱいになります!
procesion basilicaミサの終わりに、大聖堂の中で小さな行列を行いました。優しい表情をした「御心の聖母」の御絵とともに練り歩きながら私たちは声をひとつにして次のように繰り返し歌いました。「お母さま、どうか私たちのうちに来てください。マリアさま、この地上に来てください。自由に向かって、あなたと一緒に歩んでいきましょう!」もし私たちみんなが一緒になってマリアさまと共に歩むのなら、怖いものは何ひとつありません!どのようにイエスさまに向かって歩めばよいのかを、マリアさまはご存知です。マリアさまの御心はいつも御子とひとつだからです。
クラレチアンの兄弟の皆さま、おめでとうございます!そして特に東アジア管区の愛する兄弟たちに心からの喜びとお祝いを申し上げます!!

Continue reading
201 Hits

就是他

IMG 20170621 WA0004很多人认为历史与我们的生活非常远, 认为历史永远不属于我们的时代,其实恰恰相反, 历史每一天都行驶在我们现实的生活。 人的一生是由历史和现在组成, 我们一边在回顾历史一边在进行着历史新篇章。 每一个人的历史都不同,因为他在自己人生的道路上留下不同的足迹。
我们无法掌握未来,甚至明天都是不存在的。 所以为人类来说唯一可以做的就是谱写一段有意义的人生。

Continue reading
214 Hits

Flat no more!

mmexport1494851994785A few days ago a former student from Beijing National Seminary contacted me. He was in Spain with a group of Catholics from China for pilgrimage and who had come from Fatima in Portugal. He asked me if they could celebrate Mass in our church in Segovia since that day they haven’t celebrated the Mass yet. Thanks to the availability of Jose San Roman, my novice master, they could celebrate the Mass there with great fervor, as Pepe told me later.

This event made me think, which I share it here with you.

Images are powerful, indeed as the saying goes, a picture paints a thousand words. Because they are powerful, they are dangerous, specially when they are paradigmatic images deeply and unconsciously rooted in our cultural memory.

Continue reading
713 Hits

II Encounter of the Claretian Biblical Team

10561627 10204386008800099 653397166912821287 nMadrid, Spain. From 17 to 23 July in Colmenar Viejo (Madrid), the Claretian biblical team had a meeting convened by the General Prefecture of Apostolate.

The encounter has been entitled "crossroads" and involves experts in Biblical-Pastoral areas where the Congregation carries out its missionary evangelization: Juan Bautista Florez of Colombia-Venezuela, Arul Robin of Chennai, Henry Omonisaye of West Nigeria, Emeterio Chaparro of the Province of Santiago and José Vidal of MICLA. Other participants are experts or heads of publications such as Alberto Rossa of Macau, Jude Langeh of Cameroon, Martin Amalanathan of St. Charles Lwanga, Jacob Arackal of Bangalore, and Josep Roca along with Claretian Publications of Barcelona with layman Marcelli. Also attending were some internet experts like Jesus Centeno of Spain and Louie Guades of the Philippines.10557229 10204386009760123 7283299554299026012 n
In addition to assessing the journey on the road from the last meeting of the team had in Quibdó (Colombia), the leaders of the various continental areas have reported on the projects of Bible-based pastoral ministry that is being made.

The Meeting will conclude with the development of a number of proposals for the next General Chapter of the Congregation.

Continue reading
523 Hits